今日の出来事

過去の行事の様子
職員が防護用品を手作り 看護部 フェースシールドやエプロン

 

新型コロナウイルス感染症防止対策で医療用の防護用品の必要性が増す中、総合南東北病院の看護部は品薄状態などにより入手困難な状態が続いているフェースシールドや防護エプロンなどを手作りし、医療の現場で活用します。

これらの防護用品は、看護部の職員がインターネットなどで作り方を調べ、時間を調整しながら作りました。フェースシールドはプラスチックのクリアファイルを利用、顔が収まるように曲面にしました。 額にフィットする部分はドアや建具の隙間防止に使うウレタンテープを貼り、頭に装着できるように肌着用のゴム紐を取り付けました。寺西寧院長からの助言もあり、試行錯誤して出来上がりました。

防護エプロンは農業用資材のマルチフィルムを利用し、ポンチョ風に仕上げました。看護師らは知恵を絞って用具不足に対処し、医療に従事しています。時には医師も、これらの手作り品を身に付け診療にあたることもあります。

防護用品については、病院では多方面からの寄付や支援などもあり、今すぐに底をつく状態ではありませんが、今後、新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波が襲ってきた場合に備え、できるだけ在庫を維持しながら有効に使用しています。



南東北グループ広報誌「南東北第341号」より転載


介護老人保健施設

三春南東北リハビリテーション・ケアセンター

〒963-7733 福島県田村郡三春町大字山田字クルミヤツ3-3

TEL:0247-61-2511/FAX:0247-61-2522